生きることは・・・

生きるって何だろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「 七夕の夜に 」



空に浮かぶ天の川

この川を越えて

君に会いたい



年に一度でも構わない

君の隣で 君の傍で

君のこと 感じていたい



空は君と私をつなぐのに

君の姿は見えないまま



あの星の向こうに

君の姿 描いてる



この川の向こうの

君の幸せ 願ってる











スポンサーサイト
別窓 | 星の詩 | コメント:0 | ∧top | under∨

「 涙星(なみだぼし) 」



あなたを待ったあの場所で

一人待つ流れ星

代わりに流れた涙星



あの日はなかった

白い息に

心も凍っていくけれど

星だけは熱くきらめいている



私の中の

熱い思いが

涙になって星に生まれかわるとき

何が待つと言うのだろう



遠き思い出

今日も心に星が降る






別窓 | 星の詩 | コメント:1 | ∧top | under∨

「 流れる星に流れる涙 」

星の空 見上げると

いろんな想いが込み上げて

頬に涙が流れてく



流れる星のように

一瞬だったらいいのに

流星群のように

次から次へと流れてく



流れる日々のように

戻らなければいいのに

走馬灯のように

次から次へと流れてく



一粒一粒

想いを込めて

さよならの涙を流そう







別窓 | 星の詩 | コメント:0 | ∧top | under∨

「 星の川原道 」

星の中

君と歩いた川原道(かわらみち)

ひとりで歩く



あの星は

あの時のまま

変わらず 輝いているのに

隣には君がいなくて

暗闇だけが続いてる



私の心にも

星はあるだろうか

行く手を照らす

星はあるだろうか



くじけそうな心に

瞬く星が

一人じゃないと

囁いている









別窓 | 星の詩 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 生きることは・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。